カウンセラーも厳しい時代になりました。


by ezozl9hkkn

シュワブ陸上案が現実的=亀井氏(時事通信)

 亀井静香金融・郵政改革担当相(国民新党代表)は6日の閣議後の記者会見で、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題について「県外が無理な場合は、(同県名護市)辺野古のキャンプ・シュワブ陸上案(がいい)。後は訓練を(鹿児島県)徳之島を含めて県外に分散することが現実的だ」と述べた。 

【関連ニュース】
なれ合い政治から脱却を〜自民党・園田幹事長代理インタビュー〜
自民の歴史的役割終わった〜自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー〜
政界再編含み 政局は五月「最大のヤマ場」へ
鳩山政権「奇妙な安定」が「社民」「自民」を揺さぶる
民主党が担う「産業構造転換」の時代錯誤

徳之島、地元同意なら容認も=「与党の自覚ある」−社民党首(時事通信)
人気ありすぎて… 築地市場のマグロ競り見学が中止 5月9日まで(産経新聞)
3人に1人、うつ傾向=加害者家族「事件話せない」−初の実態調査、仙台のNPO(時事通信)
<たちあがれ日本>党人事決まる 幹事長に園田氏など(毎日新聞)
協力の元コンサル代表に実刑=キヤノン工事脱税−東京地裁(時事通信)
[PR]
by ezozl9hkkn | 2010-04-13 17:07