カウンセラーも厳しい時代になりました。


by ezozl9hkkn

機関紙投函裁判 控訴審も有罪支持 元厚労省職員に対して(毎日新聞)

 共産党機関紙を配布したとして国家公務員法(政治的行為の制限)違反に問われた元厚生労働省社会統計課課長補佐、宇治橋(うじばし)真一被告(62)の控訴審判決で、東京高裁は13日、罰金10万円とした1審・東京地裁判決(08年9月)を支持し弁護側の控訴を棄却した。弁護側は上告する方針。

【関連記事】政党機関紙配布:旧社保庁職員に逆転無罪 東京高裁判決 10年3月29日

 同様の事件では、東京高裁(中山隆夫裁判長)が今年3月、旧社会保険庁職員に逆転無罪を言い渡していた。宇治橋被告の弁護側も「国公法の規定は表現の自由に対する行き過ぎた制約で憲法違反」と無罪を主張していたが、高裁の判断が分かれる形となった。

 1審判決によると、宇治橋被告は05年9月10日、東京都世田谷区の警視庁官舎の郵便受けに「しんぶん赤旗」の号外を投函(とうかん)し、政治的行為をした。【伊藤直孝】

【関連ニュース】
<ことば>政治的行為の制限とは?
<国家公務員の関連記事>国家公務員:「天下り根絶」で中高年増 新規採用半減
<国家公務員の関連記事>国家公務員法改正案:衆院内閣委、強行採決 「総人件費2割減」示さず
<鳩山政権の通信簿>国家公務員の総人件費を2割削減は?

政府対策本部を設置へ=首相が本部長―口蹄疫被害(時事通信)
非正規雇用 「派遣法改正を」若者と女性が集会(毎日新聞)
<国連>気候変動枠組み条約事務局 交渉原案を提示(毎日新聞)
レクサス・ハンドル設定変更、ズレ90度近くに(読売新聞)
官房長官が鹿児島・徳之島関係者と会談(産経新聞)
[PR]
by ezozl9hkkn | 2010-05-20 11:26